読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろさわーーーるど 〜闇深系女子のカナダ留学記〜

おふとんだいすき女子大生のカナダ田舎体験記

冬セメスタート!

1/18から、いよいよ冬学期が始まりました!

 

▽今期のわたしの時間割と履修理由

f:id:yuzupon2580:20170121072502j:image

(書き方ミスって見にくいですごめんなさい)

 

・Cultural Anthropology(文化人類学)

 …日本の在籍大学で、文化人類学の単位に変換したい

あと純粋に面白そう

 

・Japanese Film(日本の映画) 

…Asian Studiesが勉強したくて留学してるから。

"日本"を海外の視点で見てみたい

 

・Principles and Procedures of Second Language Teaching (第二言語教授法)

…日本語の先生になるのが夢だから

ただこの授業は、英語をノンネイティブに教えることにフォーカスしてて、とるかどうか悩んでる

 

・Introduction to Politics(政治学入門)

…単位変換を狙っているので

 

こんな感じで、今期は4つ取ります。

本当はReligion and Social Issues(宗教と社会問題)も取りたかったけど、流石にキツそうだからやめた。

それにシラバスを見たら、中絶とか書いてあった。前学期に取ってた宗教の授業で、散々中絶に苦しめられたからもうイヤ…。

日本人にはキリスト教的宗教観がないから、この手の授業はキツイです。

 

今のところ、Cultural Anthologyがわたしの中で大ヒット。初回授業では、先生が導入としてインドのココナッツについて話してた。

Asian Studies(特に東南アジア)が勉強したくてこの大学を選んだのに、東南アジアについてのクラスが一個もない!!とずっと拗ねてたわたしには、アジアきたぁぁぁぁあ!!!よっしゃあああああって感じだった笑

 

ただ1つ文句を言いたいのは、教科書が馬鹿高いこと。

日本だったら、少なくともわたしの大学は、一冊あたり2000円以内じゃないと大反感を食らう。

 

それが、じゃじゃーん!

f:id:yuzupon2580:20170121074015j:image

この二冊で…

 

f:id:yuzupon2580:20170121073915j:image

 この値段!!

 

Cultural Anthology、まさかの118.95カナダドル。1万超えちゃってるよ…

もう一冊も5000円超えてるし…

 

日本の教科書に、もう高いなんて文句言わない。

そう誓ったのでした。

 

※物によっては、中古の教科書も売ってます!だいぶお買い得。

あとはAmaz◯nの方が安く売ってたりするので、留学予定者は頭の片隅にでも留めておいてね!

 

(PS 先生、今までミクロの教科書を高い高い言ってごめんなさい)